日本橋アートアクアリウム2018の金魚で涼もう!チケット、ナイトアクアリウム情報など

アートアクアリウムという言葉をご存知でしょうか?

水槽で金魚をはじめとした観賞用の魚を飼育し、水草などを添えて水槽全体を観賞用の作品として仕上げたものをアクアリウムといいます。

水を見ると人ってとっても癒されます。
胎内記憶が呼び起こされるとも言われていますよね。

魚と一緒に水中をゆらゆらする体感をして、無になってみましょう。
とってもリフレッシュすること間違いなしですよ。

日本橋アートアクアリウム2018

日本橋で開催されているアートアクアリウムは、アクアリウムに独自の視点で切り込み、アートとして昇華させた作品なのです。

木村英智というアーティスト日本国内の第一人者であり、日本橋アートアクアリム2018においても作品を発表しています。

今作のテーマは金魚を用いた和のムードたっぷりの空間です。

なんと、金魚や錦鯉など、合計約8,000匹の観賞魚が、作品の中をひらひらと泳いでいるんです。

日本橋三井ホールにて開催されているので、是非お出かけになってみてください。

開催日程: 7月6日(金)-9月24日(月・祝)

開催場所: 日本橋三井ホール
(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F[エントランス4F])
※コレド室町は、1~3までありますので、お間違いのないよう、お気をつけて!

金魚アクアリウム 日本橋 ショップ

7月6日から9月24日まで開催されている「ECO EDO日本橋2018~五感で楽しむ江戸の涼~」というイベントでは、日本の夏独特の涼しさを感じられるイベントが開催されています。

日本橋三井ホールでは金魚アクアリムと呼ばれる金魚を用いたアクアリムが設置されており、水槽の中を涼しげに泳ぐ金魚たちの姿を見ることで、蒸し暑い日本の夜も視覚的に涼しく感じられることでしょう。

このイベントが開催されている日本橋周辺では様々なショップがイベントに協賛しており、金魚をイメージしたアイテムやメニューで来場者を喜ばせてくれます。

具体的な例を挙げると、三越前のコレド室町では「金涼祭」と称して、普段は展開していない金魚グッズを販売しているのです。

金魚尽くしのお祭りで涼を感じたい人は、ぜひ「ECO EDO日本橋2018~五感で楽しむ江戸の涼~」を訪ねてみましょう。

 

金魚アクアリウム チケット

日本橋で7月から9月下旬までの間、「ECO EDO日本橋2018~五感で楽しむ江戸の涼~」というイベントが開催されています。

これは金魚アクアリムを中心とした、日本らしい涼しさを追求したイベントです。

水槽の中で優雅に泳ぐ金魚や、金魚をモチーフにした様々なグッズ、そして和の雰囲気たっぷりの街並みを活かして、日本橋で暑気を乗り切ろうという試みです。

金魚アクアリウムもさることながら、金魚という一つのテーマで日本橋の町が統一された雰囲気を楽しむのも良いでしょう。

このイベントに際して、日本橋周辺の各店舗では様々なサービスを展開しています。

これを利用するには専用のチケットを購入すると優先的に入場することができますよ。

 

金魚アクアリウム 水槽

「ECO EDO日本橋2018~五感で楽しむ江戸の涼~」では、金魚を主題にしたアクアリウムが設置されています。

そもそもアクアリウムは、観賞用の魚を煌びやかな水槽で飼育して、水槽そのものを眺めて楽しむ趣味として知られています。

これがアートの領域にまで高まったのがこのイベントに設置されている金魚アクアリウムであり、日本橋三井ホールを涼しげな雰囲気に変えているのです。

どのような水槽が用いられているのかを簡単に解説すると、3,000匹もの金魚を多面体の水槽で泳がせる「超・花魁」と呼ばれる作品が特に目を惹きます。

桃色の光でライトアップされた姿は幻想的で、写真に収めたくなること間違いなしです。

金魚だけでなく錦鯉もアクアリウムの題材として用いられており、日本の夏らしさを存分に感じられるのです。

自分の目で見ていただいた方が美しさをより実感できるので、ぜひこの夏は日本橋まで行ってみてください。

 

ナイトアクアリウム

アクアリウムは趣味として楽しめる水槽遊戯でありますが、アートとして昇華させることで幻想的な雰囲気を作り上げるオブジェとしても機能します。

「ECO EDO日本橋2018~五感で楽しむ江戸の涼~」では、ナイトアクアリウムを展開し、非日常体験を演出しています。

日本橋三井ホールで見られる金魚アクアリウムはもちろんのこと、水戯庵というレストランとコラボしたアクアリウムも見どころ満載です。

このイベントの最中は、アクアリウムイベントの優先入場権と水戯庵でのお食事がセットになった専用チケットが販売されているのです。

以下のサイトからチケットが購入可能なので、ナイトアクアリウムを楽しみたい人は一度「ECO EDO日本橋2018~五感で楽しむ江戸の涼~」に足を運んでみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です